スーツのレンタルサービスとは

1.スーツのレンタルサービスがおすすめな理由

suit

必要な日数分レンタルし、クリーニングもなし

急にスーツが必要になることが人生にはあるでしょう。七五三、入学・卒業式、就職活動、冠婚葬祭、成人式など、1回はどこかの機会に巡り合うことになります。普通のスーツなら、社会人になれば購入することもあるかもしれませんが、冠婚葬祭など、その時だけ使用するような場合や着用回数が少ないスーツの場合には、どうしても購入することをためらってしまうかもしれません。礼服などの類になると何万円もすることになりますから。そのような場合、スーツをレンタルされてはいかがでしょう。必要な日数分だけレンタルできますし、返却する際にはクリーニングもなしで宅配によって返すということも可能です。購入の前にお試しする目的でも活用すれば、一石二鳥でしょう。特に葬儀で着用するブラックスーツなどは、待ったなしで今日、明日に必要になりますから、大きな出費は厳しい時に大変助かるでしょう。若い方だと「レンタル」という形態には抵抗がないでしょうし、年配の方でも、一度レンタルの便利さを知ってしまえば抵抗はなくなってくるのではないでしょうか。もし、ネットレンタルだと不安があるなら、まず、店舗で実際に試着をしてからレンタルすると安心でき、納得もいくでしょう。イベントごとで困ったら、スーツのレンタルが、ぜひ、おすすめです。

ネットレンタルと店舗レンタル

スーツのレンタルサービスを利用しようとすると、方法は自宅などの指定の場所でレンタルできるネットサービスと実際に出向いて試着をしながら決められる店舗レンタルの2パターン。利用方法はこのようになります。ネットサービスの方は、ネットで注文→商品受け取り→利用→指定方法で返却、店舗レンタルの方法は、店舗で注文→試着→利用→指定方法で返却という方法です。それぞれの特長は、ネットレンタルではサイズさえ把握していれば24時間申し込み可能なところ、店舗レンタルでは営業時間は限られますが、スタッフと相談しながら試着できるところです。

 

 

2.気分で変えられるコーディネートが魅力のスーツレンタル

suit2

個性開花に、スーツレンタルが強力な味方

自分でスーツを購入すると、いつも定番の色や柄になってしまうことはないでしょうか。わかってはいても、つい安定感を求めてしまうもの。購入してしまってから後悔しないようにと、慎重になることも無理はないでしょう。ただ、それではいつまでたっても同じ自分です。そのような時に、1回ごとにレンタルできるスーツレンタルはおすすめ。思い切ったコーディネートにチャレンジできますし、自信がなければ、スタッフにアドバイスをもらえばよいのですから。案外、これまで着てこなかった色や柄のスーツが似合ったりするかもしれません。意外な発見があると、気分でスーツをファッションとして楽しむこともできるでしょう。そうなればしめたもの。ファッションセンスが磨かれている証拠です。違う自分発見にもなるでしょう。ぜひ、スーツでもーディネートの魅力を味わってみませんか。スーツレンタルが強力な味方になります。

スタイリストが選んでくれたスーツを着こなす

スーツもいろいろなテイストを楽しめたら、お洒落な人だと、さぞかし会社で評判になることでしょう。ファッションの流行には敏感でも、いざビジネスで着用するスーツとなると及び腰になってしまうものです。そこで、最近では定番の1回ごとのレンタルとはまた別のレンタルスタイルが登場しています。月額で数千円を支払って会員登録すると、自分好みのアイテムをスタイリストが用意してくれるというものです。中には、着続けるとプレゼントしてくれるようなサービスもあるとか…。これなら、ビジネスシーンにはもちろん、パーティーやセレモニーで着られるスーツも楽しみになりそうです。これまで、ブランド物のスーツなどでは費用がかかってしまい、二の足を踏んでいた方も、このレンタルサービスなら気軽に、手軽に、いろいろなスーツを試していけるのではないでしょうか。この辺でもう、おじさんテイストの野暮ったいスーツを変えて、スタイリストが選んでくれたスーツを着こなしてみましょう。

 

 

3.体型が変わる度にスーツが合わなくなる悩み

suit3

ジャストサイズをレンタルならすぐ探せる

スーツはジャストサイズを着こなしてこそ、ビシッと決まって格好の良いもの。自分の印象も決まります。スーツの方にすぐ体型を合わせられる努力ができる方は良いですが、頻繁に体形が変わるとなるとなかなか難しいもの。痩せたり、太ったり、その度に買い替える出費は大変です。毎日着るビジネススーツは自前にしなければならないかもしれませんが、たまにしか出番のないフォーマルスーツをその度に購入やサイズ調節をしていたのでは、手間も相当なもの。オーダーにしても、サイズ感はピッタリになるかもしれませんが、一般的にそうそう作れるものでもないでしょう。そこで、スーツをレンタルすることの需要が出てくるのです。スーツのシルエットは、スリムタイプ、スタンダードタイプ、ゆったりタイプに分けられ、体型の号数は、細い順に、Y体、YA体、A体(標準体型)、AB体、BB体、BE体、E体と分かれています。種類がこれだけありますから、いちいち体型が変わる度に購入をしていたらいかに大変かがわかるでしょう。だからこそ、その時の体型に合ったものをレンタルならすぐ探せることが重要になってくるのです。

極端に太ると、普通の店舗ではサイズがない

だいたい、体型が変わると、太ってしまうことがほとんどではないでしょうか。スーツは上下で着こなすものですから、ウエストが大きくなってしまえば、ちょうど良いサイズを見つけることが難しくなってしまうでしょう。ウエストサイズに合わせると、手の長さが合わなかったりして、上衣がだぶつくこともあるからです。しかも極端に太ってしまうと、普通の店舗ではサイズがないこともあるでしょう。そこで、レンタル店なら大きなサイズも豊富に揃っていますし、ジャストサイズでデザインも探すことが可能ですから、オーダーや既製品を購入するよりはとてもお得なのではないでしょうか。普通は、ウエストサイズで見ると、O体、K体、DX体などでは、大きなサイズの専門店になってしまいますから。

 

 

スーツレンタルの費用対効果

suit4

レンタルを利用することは合理的

あるネットレンタルで見る、メンズスーツを3泊4日でレンタルした場合の一例をご紹介しましょう。基本セット(スーツ上下、ネクタイ、ベルト)で4,800円〜6,800円(税込)、フルセット(スーツ上下、ネクタイ、ベルト、ワイシャツ、鞄、靴)で5,800円〜7,800円(税込)、シングルスーツセット(スーツ上下、ネクタイ、ベルト)で4,800円〜5,800円(税込)、ダブルスーツセット(スーツ上下、ネクタイ、ベルト)で4,800円〜5,800円(税込)となっています。いかがでしょうか。就活などで毎日汗だくで汚れるスーツ。クリーニングに出すと替えも必要になりますが、レンタルなら、1回ごとにキレイなスーツが着られ、デザインも選べ、クリーニング不要で、セットでもこの価格となれば、購入することと比べてコスパ的にたいしたものです。サイズが大きな方でもプラス2,000円前後で済みますから、レンタルを利用することは合理的だといえるのではないでしょうか。

レンタルなら購入の半分以下の金額

スーツをレンタル?と思う方もいるかもしれませんが、世の中にはスーツを着用しないで仕事をしている方も存在します。ですから、普段からスーツでいる方なら、数着のスーツが自前であるかもしれませんが、そうでないない方にすれば、急用のためにある自前のスーツは1着だけかもしれません。いつもワンパターンで、しかもクリーニングが必要になるなら、いっそのこと、必要な時に必要な日数だけレンタルできるスーツレンタルサービスにしてみることは、人によって、時と場合によってはアリでしょう。タキシードやスリーピースのスーツなら、結婚式の二次会などにピッタリですし、お手軽なレンタル費用で素敵なスーツ類が着用できます。購入すれば安くても2~3万円は品質抜きでかかってしまうものですが、レンタルなら半分、あるいはそれ以下の金額で済んでしまいますから、これでレンタルしない手はないでしょう。

 

4.よくある結婚式ゲストの男性の服装

よく見かける、男性の結婚式の服装マナー

みんなが同じ格好をしそうな結婚式ですが、お洒落に敏感な10~30代、年配になる40代以降の世代との間には、明らかに意識の違う傾向があります。若い方は、「葬式でもないのに真っ黒なスーツなんて着たくない」と考える傾向が多く、一方、40代以降の世代は、ブラックスーツで黒ずくめにまとめていれば良いと考える傾向です。どちらの考えも、よくある結婚式ゲストの男性の服装としてNGになりそうですので、例を挙げてみましょう。張り切り過ぎて新郎とかぶるような白やシルバーなどの色柄スーツ、派手な色柄もののカジュアルシャツ、帽子やネクタイ・靴で目立つこと、黒一色でシャツやネクタイまで黒を使うことなどが主な例です。また、その反対にみすぼらしくなるような、フォーマルな場とは似つかわしくはない恰好もNGになります。お金がないからとか、親しい友人だから大丈夫だからといって普段と同じ、仕事で着用しているシワやよれのあるスーツや、リクルートスーツなどで出席することです。主役は当然のことながら新郎新婦ですから、いくら親しいゲストだからといっても、マナーやルール違反の服装は絶対にしてはいけません。男性が結婚式にゲストとして参加する場合も、女性と同じように基本があるのです。

suit5

結婚式用のスーツとして購入やレンタルをする

意外と意識をしていないかもしれませんが、男性にもスーツ、シャツ、ネクタイ、靴にわたって細かなマナーがあるものです。日本ではいわゆるブラックスーツという、便利な黒いスーツがあります。略礼服というフォーマルの種類になりますから、ネクタイを変えるだけで

通用してしまうのが、よくある結婚式ゲストの男性の服装でしょう。その他、OKな服装としておすすめしたいのは、若い年代で好まれるダークスーツという、カラースーツです。基本は黒や紺、グレーなどで、いずれも結婚式用のスーツとして購入するなり、レンタルするなりして、祝いの席で失礼のないようにすることがマナーでしょう。

 

5.結婚式にはビジネススーツは避けたい

結婚式×ビジネススーツは、なし

どこを見渡しても、日本でのビジネススーツの色は同じような色です。グレー、ブラウン、ネイビー系の主要色をはじめ、時にはブラックスーツに見えるような黒いスーツもあります。それだけ、規格色とでもいいたくなるような同じ色がズラッとスーツ売り場に並び、ビジネスマンが購入してきているわけですが、仕事着として日本で通用するには必要な色であり、スーツでしょう。しかし、結婚式にまで通用するかというと、それは無理があります。たとえ、カラースーツのつもりでグレー、ブラウン、ネイビー系あたりを購入したとしても、ビジネススーツは所詮、ビジネススーツでしかありませんから。結婚式で着ようとするカラースーツは、もっと生地が上質で、品質自体がお洒落なものでなければならないのです。どうせ、自分のことは誰も見ていないだろうとか軽く考えていると、結婚式当日になって大恥をかくことになるでしょう。いい大人が、結婚式においてのビジネススーツは避けたいものです。

ビジネススーツは、オールマイティ―ではない

日本で暮らしていると、ビジネススーツは制服のようですから、オールマイティ―で何にでも通用すると錯覚しそうですが、そうではありません。さすがに、結婚式にまでビジネススーツを着用することは避けたいものです。もし、自分が新郎だったとしたら…と、逆の立場で考えてみましょう。ゲストがそのような普段着で出席したとしたら、感覚を疑わないでしょうか。お祝いのかけらも感じられません。なぜ、何かの特別な機会には服装を改まって着替える必要があるのか、考えたことはあるでしょうか。気持ちを引き締めること、その場に応じた気持ちを表すことなど、服装で気持ちを表現する役目があるからです。なぜそうなっているのかといっても、なぜ生活しているのかと聞くことと一緒で、昔から人間が生きていく上でそういうものだからとしかいいようがありません。それを無視して、結婚式にビジネススーツを着ることは非常識なのです。

suit6

6.結婚式ゲストに相応しいスーツとは

結婚式ゲストに相応しいスーツがある

今でも、ブラックスーツに白いネクタイという礼装が基本という流れはありますから、それをきて結婚式に出席すれば迷うことはないかもしれません。ところが最近は、結婚式自体がカジュアルウェディングという形式が増えていて、二次会の服装もカジュアルでという流れもありますから、昔と違ってブラックスーツ一辺倒ともいえなくなってきている時代ではあります。服装のルールが緩くなって、どこまでがOK、NGレベルなのかの判断がしづらいでしょう。ただ、多様な年代の方が出席する場でもありますし、何しろ、新郎新婦にとって失礼のないようにしなければ、新郎新婦の人柄にも傷をつけてしまいます。結婚式ゲストに相応しいスーツ選びをするなら、重要なポイントは2点。新郎・新婦との関係、結婚式会場の雰囲気を十分考慮することです。新郎・新婦との関係については、親族に近ければ近いほど、会社や取引先の目上にあたる地位であればあるほど、フォーマルさは求められます。きちんとした身なりは欠かせません。単に友人であるのなら華やかなカジュアルテイストを取り入れても構わないでしょう。結婚式会場の雰囲気については、一般的な格の順からすると、レストラン、結婚式場、ホテルの順にフォーマル度合いが高くなるものです。披露宴や二次会では、ゲストのスーツにもお洒落ポイント、例えばチーフの色やベストでお洒落感を出しても、お祝いというムードの演出になるでしょう。ただし、あくまでも当日の雰囲気で決めることが大事で、自分だけ浮くようなことは避けるべきです。

どんな結婚式でも通用する基本スタイル

どんな結婚式でも通用するような、基本スタイルをご紹介します。ジャケットの基本は黒無地、グレーやネイビー、控えめなストライプ柄程度、パンツは裾シングル、ベストはジャケットと同色かグレー、シャツは白無地、ネクタイは極端でない明るい色や柄、靴は黒の革靴かエナメル素材のストレートチップかプレーントゥ、靴下は黒無地です。

 

7.スーツレンタルをして少し華やかなスーツを着てみましょう

スーツレンタルで演出する華やかさ

もしかして、これまでフォーマルな場が苦手だったりしていませんでしたか。自分で手持ちのブラックフォーマルはもちろん、購入したカラースーツにしても、どうしてもお決まりパターンになってしまいます。お洒落とはいえないでしょう。それはそれで無難路線で構わないのですが、時には、第三者に見立ててもらったりして自分の好みなどとは違うパターンの華やかさを演出してもると、意外な発見があるかもしれません。第三者に見立ててもらうとは、スーツレンタルをすることの提案です。何着も購入していては金額面で大変ですから、レンタルなら毎回違うパターンを借りることができますし、お手入れ要らずで手間なし。自分の殻を破って、新しい挑戦が楽しくなるかもしれません。スーツレンタルなら、単に服装をレンタルするという以外に、こうしたお洒落をするお手伝いもしてくれるのです。ぜひ、一度は試してみましょう。

 suit7

トータルで考えると、お得なスーツレンタル

定番のブラックフォーマルだけでは、どう変化をつけたら良いのかがなかなかわかりませんが、タキシードやスリーピースなどのスーツにすれば、それだけで二次会などに通用し、小物使いのテクニックを活用すれば、より華やかさを演出することが可能です。そもそも、タキシードやスリーピースなどのスーツなんて持っていないという方、悲観することはありません。そういう方が多いのですから。そのためにスーツレンタルという方法があります。例えば、お洒落なネクタイピンをしたり、ハンカチやスカーフの色や柄を合わせたり、ネクタイを蝶ネクタイに変えたり、小物をチェンジすれば、メインのスーツを借りるだけで、パーティー仕様になってしまいます。レンタル店によっては、小物のレンタルもしてくれますから、何軒か、お気に入りのスーツレンタル店を見つけておくと良いでしょう。スーツレンタルなら、毎年の流行も意識して借りることができますし、トータルで考えるととてもお得になってくるのです。