by

結婚式のスーツのルール

ルールに則る、結婚式のスーツ

祝いの席にふさわしくないスーツは着ないこと

男性が結婚式にゲストとして招かれると、女性と同じように服装を気にしてしまうこともよくあるでしょう。当然、祝いの席にふさわしくない色や柄などのマナーやルールがありますから、間違って身につけるわけにはいきませんから。そこで、基本となるマナーやルールを今さらですが、おさらいしていきましょう。まず、いつもいわれるように、あくまでも主役は新郎新婦。主役より目立ってしまうような服装は避けるべきです。例えば、新郎が着そうな白やシルバーなどの色や柄のスーツではかぶりますからNGになります。事前に新郎に写真などでどんな服装なのかを見せてもらうと良いかもしれません。ワイシャツも基本的には白の襟つきで、レギュラーカラーかセミワイドをおすすめします。ボタンダウンは、カジュアルウェディングかどうかで着用をきめたら良いでしょう。フォーマルなら控えるべきです。もちろん、派手な色柄もののカジュアルシャツは論外。控えめでいきましょう。ネクタイも極端な派手色や柄でなければよく、ドット。ストライプあたりが無難なようです。決して黒は選んではいけません。靴は黒の革靴かエナメル素材の「ストレートチップ」か「プレーントゥ」で、靴下は黒無地にすることで統一感を出しましょう。間違っても、ローファーやスニーカーなどのカジュアルなもの、クロコダイルの型押しやスエードなど、動物の殺生をイメージするものを履いてはいけません。

 

自前のスーツなら、準備は万全に

もし、ブラックフォーマルやタキシード、スリーピースなど、お祝い用で着ようとしている自前のスーツを持っているなら、注意したいことがあります。毎日着ない、特別な服装だからこそ、保管状態が悪いとシワシワ、ヨレヨレになっていることがあります。お祝いの席では言語道断。自分でアイロンをしようとしても、なかなかキレイにしあがるものではありませんので、クリーニングをして準備しておきましょう。結婚式までには日にちがありますから。

 

結婚式の二次会のスーツの着こなし方

スーツにも、結婚式なりのお洒落はある

昨今、カジュアルウェディングも増えていますので、二次会の服装もカジュアルで、平服でという案内があるかもしれません。ですから、カジュアルなジャケットとパンツという程度で出席してもOKということもありますが、結婚式の流れからの二次会ですから、そんなにカジュアルというわけにもいかないでしょう。通常、結婚式にはブラックフォーマルの黒がまだまだ主流ですし、タキシードやスリーピースのスーツにしておけば、失礼ということにはなりませんので、基本的にはそのような恰好を考えておけば良いでしょう。タキシードやスリーピースのスーツなら、二次会で蝶ネクタイに変えるだけでも雰囲気がガラッと変化しますから、ちょっとしたことで変化を持たせることも手でしょう。そうはいっても、黒はもちろん、紺など濃い色、アニマル柄やゼブラ柄、クロコダイル調のものは避けることは忘れずに。2016年の流行は、トラディショナルスタイルがブーム。その中でも人気のものがスリーピースタイプでネイビーだったようです。一見、スーツには何の変化もないように思いますが、毎年のトレンドはあります。流行を意識して着こなしていくことができれば、フォーマルな場に着ていくスーツも楽しくなるでしょう。毎回、新鮮味のあるスーツにするなら、レンタルでいろいろなバージョンを試していくことをおすすめします。1日、スポット的に着るのなら、ぜひ、活用するとよいでしょう。

 

二次会には、小物使いのテクニックを活用

結婚式でさえ、服装に悩むのに、二次会にも出席するとなるとますます悩んでしまうという方、案外多いようです。定番のブラックフォーマルになかなか変化はつけられませんが、タキシードやスリーピースなどのスーツの場合、そのような時に、ネクタイと合わせる小物使いのテクニックを活用すると、何でもないことがパーティー仕様になります。例えば、お洒落なネクタイピンをしたり、ハンカチやスカーフの色や柄を合わせたりすることです。