by

スーツに合わせるシャツの種類

ビジネスでのシャツ

シャツの色、柄、襟で人の印象は大きく変わる

シャツの色、柄、襟によって人の印象は大きく変わります。ビジネス上、どういうシャツがスーツに合うのでしょう。色から見ていきます。基本は白です。清潔感があり、ネクタイによっていくらでも変化しますから、一番応用がきくことになります。その他、グレーやブルーを着用することもあるでしょう。グレーは協調性、ブルーは誠実さ・爽やかさなどのイメージを与えます。色といってもたくさんありますが、常識からいってよほどの何かがない限り、赤やピンク、オレンジなどの色は避けるべきでしょう。ストライプや水玉模様の柄についても同じこと。それほど目立たない程度の薄い模様ならまだしも、派手にゴチャゴチャしているものは着用しない方が良いでしょう。お客様と会うような職なら、絶対的に王道をいくようにした方が無難です。社内で過ごすような職で社風が自由なら、色や柄についてはうるさくないかもしれませんが、それでもいつ、誰と会うことになるのかはわかりませんから、あまり強烈な個性を出すようなシャツはおすすめできません。最後にシャツの襟を見ていきます。襟の型にはレギュラー、ワイド、ホリゾンタル、ナローショート、ボタンダウン、クレリック、ドゥエボットーニ、ウイングカラー、ラウンドカラーなどがあります。ビジネスシーンで着用するなら、レギュラーが一番無難ですが、ネクタイ幅によってはワイド、ホリゾンタル、ナローショートも考えられます。クールビズの夏なら、ボタンダウン、クレリック、ドゥエボットーニが良いでしょう。

 

スーツに合わせるドレスシャツ

シャツを大きく分けると、ドレスシャツとカジュアルシャツになります。スーツに合うシャツとなると、薄手でサラッとした生地のドレスシャツの方で、ワイシャツのことです。ネクタイをする仕様のため、襟が立つように、襟の裏にカラーキーパーという透明の芯が入っていることが多く、襟の一部が硬くなっているのです。最近は区別がつきにくいものもあります。

 

 

シャツの種類とTPOの関係

ビジネスで海外に行く場合には、特に注意

最近では、お洒落に敏感な若いビジネスマンも増え、シャツ売り場にいろいろな襟の型が並んでいます。あまり昔ながらのオーソドックスなシャツにこだわることもないかもしれませんが、海外勤務とか、海外出張とか、ビジネスで海外に行く場合に関係してくることがあります。これがTPOなのです。

例えば、ボタンダウンシャツ。襟の部分に小さな留めるボタンがついています。始まりは、乗馬競技「ポロ」の英国人騎手が邪魔になった襟をボタンで留めたこと。そこから、アメリカのメーカーから「ポロ・カラー・シャツ」として販売されました。その流れで、本体はカジュアルシャツですから、ネクタイをつけるものではないのです。日本では先ほど述べたように、ビジネス用のシャツとして売られていますから、ビジネスシーンで身につけても良しとはされるのですが、海外の企業と関係するなら、絶対に避けましょう。 TPOに合わせた服装マナーには厳しいですから、適切なシャツの襟で商談をするべきなのです。

 

TPOで使い分けることは揺るぎのないマナー

近年、スーツもカジュアルの波が押し寄せています。シャツもまた然りではありますが、クラシカルなドレスシャツの着こなしや伝統が消えることはありません。世界共通の認識からすると、社会的地位の高いエグゼクティブほど、ドレスシャツの着こなしを重視する傾向にあります。愛されている歴史があるのです。良い見本が、首脳会談などのオフィシャルな場を見ればわかるでしょう。誰もがダークスーツに白無地のシャツではないでしょうか。相手に与える信頼感を大事にするエグゼクティブの世界では、TPOで使い分けることは揺るぎのないマナーなのです。ドレスシャツの着こなしのルールを知ると知らないとでは、お洒落に雲泥の差がつくでしょう。さりげなくドレスシャツを着こなして、それぞれの場に登場するシンプルさ、カッコ良さは、男性としての魅力にあふれ、第三者の目をくぎ付けにすることは間違いないでしょう。

 

 

スーツからシャツの袖は見えるもの

日本人はシャツの袖丈を重要に考えていない

着こなしを決めるなら、シャツもピシッと決めないと納まりが悪いのではないのでしょうか。その一つが、スーツの袖口から見えるシャツ袖の長さの問題になります。イギリス人にしろ、イタリア人にしろ、スーツの袖口から見えるシャツ袖の長さについて、サイジングに対する意識は非常に高いのです。厳密にハーフインチ(約13mm)にこだわり抜く人もあります。ギリシャ人やロシア人のシャツ袖は長めです。このように、国によっても違いがあるシャツ袖の長さですが、日本人はあまり考えていないのではないでしょうか。スーツの袖口からシャツが見える、見えないより、ほとんどの人が自分の腕の長さにだいたい合っているかどうかで、既製品のワイシャツを購入しているようです。そもそもスーツの袖丈が自分に合っていて、それに合わせてシャツの袖丈があるわけですから、スーツの袖の長さの理想を知らないことには、話になりません。スーツの袖の長さの理想は、親指の先から上9~12cmに袖の裾があることになります。シャツの袖は、そこから1cm程度出ることが理想の丈です。シャツの袖が少し見えることによってお洒落の度合いが上がるのですが、実用的な面もあります。それは、スーツの袖を皮脂などの汚れから守ること。こうしてみると、シャツの袖丈が短すぎても、長すぎても良くないということがお洒落面、実用面からわかったのではないでしょうか。

 

まずは自分のシャツの袖丈を知っておくこと

日本では、スーツの袖からシャツが見えることが格好悪いと思う風潮があるようで、わざわざ袖丈の短いシャツを購入したりする人もいるようなのですが、まずは自分のシャツの袖丈を知っておくことから始めましょう。オーダーシャツでなくても、既製品売り場でも頼めば袖丈を測ってくれますし、アドバイスももらえます。目視では、袖のボタンを外して手の甲が隠れる長さがであれば、手を曲げた時にジャケットの袖から出るシャツの長さもちょうど良いでしょう。

 

 

 スーツをパリッとするためにもシャツは大事

既製品でも合うサイズのメーカーを探す

スーツを着こなすなら、シャツも正しいサイズを選ばなければ動きにくく、見た目もしっくりいかないようになってしまいます。身体にピッタリ合うという基準を細かく見ていきましょう。売り場のスタッフに1度測ってもらうと良いでしょう。首回りは、喉仏の下のサイズに2cmプラスした長さです。胸回りは、脇の下から水平にメジャーを回して測り、プラス14~18cmプラスした長さで、スリムシルエットが好みか、レギュラーシルエットが好みかなどで数センチの差が出ます。ゆき丈は、首中央に出た骨から肩先の一番出ている骨を通って手首の骨が隠れる長さです。胴回りは、へそのあたりを測り、プラス14cmのゆとり必要です。肩巾は、肩先の一番出ている骨から首中央に出た骨を通って、反対側の肩先まで、そのままカーブした状態で計ります。礼装用のシャツ(ドレスシャツ)なら、プラス1cm小さめの方がシワは出にくくなります。腰回りは、腰骨の一番出たところを測り、プラス12cmが目安になります。既製品では、どのメーカーが自分のサイズに合うのかを研究しておくことをおすすめします。

 

意識を高くして、スーツのシャツにもこだわり

日本のビジネスマン全般にいえることですが、スーツには一応のこだわりを見せても、シャツには案外無頓着という人が多いのです。海外、特にヨーロッパではシャツ選びにはとてもこだわり、必ず身体にフィットした1枚を選ぶことが習慣になっています。せっかくスーツが良くても、シャツのサイズ感が違うために、ジャケットのVゾーンにシワが出たり、袖から覗くシャツが妙に寸足らずだったり、長すぎたり…。これではスーツが借りて来た何とかになってしまい、着こなしが台無しになってしまいます。もちろん、ヨレヨレでアイロン掛けをしていないシャツもなしです。襟の形もビジネスにふさわしい、レギュラーカラー、ワイドカラーをしっかり選び、意識を高くしてスーツの土台作りになるシャツにこだわりを持ちましょう。