by

スーツと靴の相性|色・形が大事

スーツと靴色の相性

お洒落には靴も重要なアイテム

スーツ×靴。お洒落には靴も重要なアイテムです。基本は、濃いめの色のシューズなら、何のスーツにも合うことになります。定番は黒、茶です。また、グレーのスーツにベージュ色はお洒落に映りますが、ダーク系のスーツにベージュ色は、足元が浮いてしまいますので、おすすめはできません。黒靴は定番色だといいましたが、まさにスーツを選ばず、全体的にきっちりした印象を与えることができるからです。悪い印象を持たれることはまずありませんから、特に重要な会議や大切な商談などの場合には、黒は外せない色になります。また、どうしても黒が一番になってしまいがちですが、茶も1足は持っていたい色。ライトブラウンからダークブラウンまでありますから、お洒落度合いが高まります。通常、ビジネスで履くならダークブラウン、ビジネスカジュアル寄りの場面ならライトブラウンと使い分けてみましょう。ライトブラウンの時は、スーツも少し明るめのトーンにすると相性抜群です。

 

無難な黒のメリット・デメリット

他人から見て靴の印象というのは、「形やサイズ感ではなく、色で決まる」ということをご存知でしょうか。確かに、遠くからでもパッと見てお洒落だと感じるのは色。目に飛び込んでくるインパクトには強いものがあります。特に、営業職などの外回りでお客様に毎日接するビジネスマンは、つま先のお洒落にも相当気を遣わなければならないでしょう。スーツも黒、紺、グレー、茶は当然の色として数着は持っていることでしょうから、靴の色もそれぞれのスーツ色に合わせてコーディネートしなければなりません。ところが、つい、靴は黒一色で通してしまってはいないでしょうか。黒は何にでも合う色かもしれませんが、組み合わせによっては、時にインパクトがあり過ぎるイメージになってしまうこともありそうです。あまり落ち着き過ぎると喪服を連想させることにもなりかねませんから、他のアイテムで色を添えることを忘れないようにしたいものです。

 

靴の種類でTPOに合わせてみる

TPOによって使い分けることが靴にもある

TPOによって使い分けることが靴にもあります。靴の種類を知っておくと何かと役立つでしょう。革靴(合皮も含む)の種類は次のようになります。ストレートチップ(つま先(トゥ)に横の直線が入ったもの)、プレーントゥ(つま先(トゥ)に何も線がないもの)、ウィングチップ(メダリオンというデザインがW型に入っているもの)、モンクストラップ(紐つきでない、ストラップ型)、ユーチップ(つま先(トゥ)がU字のデザイン)、ローファー(スリッポンの一種)。ここからそれぞれのTPOをひと言で説明しますと、冠婚葬祭から就活・面接、ビジネス、何でもオールマイティーな場面で履けるのが、ストレートチップ。ストレートチップよりカジュアルにはなりますが、ビジネスでも、ある程度のフォーマルでも、使い勝手の良いプレーントゥ。ビジネスでも場合によっては履けますが、どちらかというと華やかな場で履きたいウィングチップ。プレーントゥよりさらにカジュアルな感じのあるモンクストラップ。プレーントゥとモンクストラップの間くらいの感じで、ビジネスシューズの型として多く出回っているユーチップ、最もカジュアル感があるローファー…という具合です。スーツに合わせて履く場合は、できれば紐靴を履くことが一番おすすめですので、ストレートチップ、プレーントゥ、ウィングチップ、ユーチップあたりになるでしょう。

 

靴のTPOをわきまえているか

靴の合わせ方次第で、スーツのコーディネートをエレガンスからカジュアルに、カジュアルからエレガンスに、雰囲気のチェンジが可能です。足を守る役割のある靴ですが、それ以外にもスーツのコーディネートを完成させるアイテムとして、アクセサリー的な役割もあるからで、靴をTPOによって使い分けてこそ、大人としてスーツを着こなしている証明にもなります。自分ではファッションのつもりでいることが、果たしてTPOをわきまえているかどうか、今一度、振り返ってみましょう。

 

足元までを考えてこそ完成するスーツスタイル

お手入れは、結局、お洒落のため

スーツやシャツ、ネクタイを決めても、最後の靴で残念にはなりたくないもの。せっかくのコーディネートが足元でチャラになってしまったら、何のためにがんばったのかがわかりません。靴は最後の最後。このアイテムまで気を抜かないようにしましょう。足元までお洒落を決めたら、本当の「お洒落な人」の仲間入りなのです。さらに、靴の色を決めたら、ベルト、シューズ、カバンも同系色で合わせると統一感が生まれ、お洒落上級者のような雰囲気が出るでしょう。お洒落な人、仕事のできる人は、やはり、靴がお洒落です。「お洒落な靴を履いているからお洒落に決まっている」というのではなく、靴まで行き届く目線をいつも持っているため、それなりの靴も購入している、大事にしているということなのです。ですから、靴を大事にするビジネスマンは、晴れの日用、雨の日用の靴を使い分け、ダメージの軽減を図っています。合理的にしていることが、結局はお洒落にたどり着くことになるのでしょう。

 

スーツを着こなしたいなら、常に足元まで意識

靴まで気遣うのは、紳士のマナー。日本ではピンとこない人が多いかもしれませんが、欧州では、靴のお手入れだけは欠かさず行うのが紳士のマナーだという教えが浸透しています。だから、外国人の靴がお洒落なのも納得できるでしょう。日本では、毎日お手入れされた靴を履いている人は、10人に1人もいるのでしょうか、どうでしょうか。日本の事情を考えると、満員電車に揺られて靴を踏まれ、それどころではないということもわかりますが、汚れたら会社でもサッと拭けるようなグッズを用意しておくと、職場でも気持ちの良いままでいられるのです。やはり、お洒落というのは自分が意識をしないと持続できないもので、センスの問題だけではないでしょう。靴をキレイにしていると、必ず誰かが「いつもキレイですね」と気がついてくれるはず。見ている人は見ているのです。スーツを着こなしたいなら、常に足元のことまで考えましょう。

 

 絶対に磨いておきたいスーツの靴

ピカピカの靴が引き立てるスーツスタイル

手頃な値段の靴、奮発して買った靴。どちらにしてもお手入れをしなければ、お洒落からは程遠い存在になってしまうでしょう。色を際立たせるのも靴が光っているからこそ。汚れていては、色がくすんでしまいます。購入した値段にかかわらず、気に入った靴ならば少しでも長く履きたいと思うのであれば、自分で磨くお手入れをすることはとても大事です。汚れを取って、クリームや靴墨で保護し、布で磨く。まるでお肌のお手入れのように毎日してあげれば、それだけで靴も応えてくれます。まず、汚れを取ることは、お肌に例えるとクレンジング。この段階でしっかり汚れを落としておかないと、基本部分になりますから後の処理に響いてしまいます。次に、クリームや靴墨で保護することは、お肌に例えると化粧水や美容液。たっぷりと塗った後は1日、靴を休ませると良いでしょう。同じ靴を続けて履くと、靴も疲れてしまいますから、お手入れをしながら、休憩させながら、数足を使い回していくことで、いつもピカピカの靴がスーツスタイルを一層引き立ててくれるのです。

 

デキるビジネスマンは、靴で判断される

ホテルマンがお客様の靴を見て、客層を判断する話、聞いたことはないでしょうか。よくいう、ビジネスマンは足元を見られているということです。また、新橋の靴磨きの話。会社の経営者などは、出世前から出勤の前に駅前の靴磨きを利用していたという話もよく聞くことです。一体、なぜ靴を見れば人が分かるのでしょうか。それは、高価な靴であるかを見ているのではなく、お手入れする心を見ているのです。靴まで毎日お手入れする気持ちを持てるということは、細やかな気配りができる、余裕を持った心があるという証。人としての信頼感にもつながるのです。大切にお手入れされた靴は風合いを増し、良い具合に人の格も上げてくれます。粗末に扱えば、ボロボロになる一方です。デキるビジネスマンは、細かいところまで気を配れるというのは本当だったという、統計学のようなものでしょう。