by

黒のスーツは光沢が命!

黒いスーツを着る機会は公の場が主

どんなに急でも、間に合わせるもの

黒いスーツというと、思いつくのがリクルートスーツとブラックフォーマル。あとはビジネススーツですが、あまり黒いと逆に印象はよくない感じはするでしょう。このように、TPOによっても黒ければよいということでもなく、ブラックフォーマルのように質の違う黒もあり、奥が深いのが黒のスーツなのです。リクルートスーツは、若い時の就活で着るものですが、ブラックフォーマルは学生時代から、特に社会人になってから一生付き合っていくものになりますから、どういうマナーやルールがあるのかを知っておかないと、恥をかき続けることになってしまいます。よく、就活生が黒のリクルートスーツを着ていると、喪服みたいといわれますが、リクルートスーツとは似て非なるもの、実際にはまったく違うものなのです。どこが違うかというと、「黒の色、仕立て、素材」が大きく違ってくるのです。学生のうちは、リクルートスーツを着て行ったとしても、「礼服を持っていない」といえば、何とか「若いから仕方ない」と1回は許してもらえるかもしれませんが、2回目、3回目ではもう通用しないでしょう。今はレンタルもありますし、持っていなければ借りることも可能な時代ですから。どんどん、非常識な人というレッテルを貼られることになってしまうでしょう。

 

若いうちから黒いスーツの知識を得ておく

黒いスーツというくくりでいうと、礼服においてはブラックフォーマルの他にモーニングコートや燕尾服、タキシードも広い意味ではスーツですから、黒いスーツを着る機会というのは、主に公的な場で着る機会だといっても過言ではないでしょう。ですから、ビジネススーツだけが黒いスーツだと思っていると、大間違いです。社会人になって何年も経っているのに、ビジネススーツとブラックフォーマルの黒の違いがわからなければ、恥ずかしいもいいところ。知らなかったでは済まされないでしょう。若いうちから知識を持って、誤りがあれば、1回で直すようにしたいものです。

 

冠婚葬祭の礼服の黒以外にも注意点がある

礼服とビジネススーツはまったく別物

冠婚葬祭の時に着る黒いスーツ。大人になると、黒いスーツなら何でも良いというわけではいかないものです。ビジネスでの黒いスーツと冠婚葬祭の黒いスーツ(ブラックフォーマル)は別物で、理屈ではなくそういうもの、そういう機会に着るものだからです。冠婚葬祭の時に着る黒いスーツは礼服になり、まず、色が別物。真っ黒な礼服に対して黒のスーツは、真っ黒ではないのです。嘘だと思うなら、売り場に行って比べてみるとわかるでしょう。葬儀に際に、誰もわからないだろうと、黒いビジネススーツでたかをくくって参列すると、太陽光の下では明らかに違いがわかりますから、恥ずかしい思いをすることになります。礼服の黒は、黒が濃いほど品質が良いとされ、高級なものになればなるほど、漆黒と呼ばれる色になるまで繰り返し染め直されますから、購入する際に、黒が濃い礼服ほど値段が高いのです。次に品質。だいたい、ブラックフォーマルはウール、ビジネススーツはポリエステルという違いがあります。礼服とビジネススーツはまったく別物で、兼用できないと自覚することが大事でしょう。

 

光沢は要チェック

冠婚葬祭の時に着るのが礼服というわけですが、この中にもさらに注意点が存在します。深い黒を選ぶことは正解ですが、光沢が出てしまう生地では結婚式などのおめでたい場では良くても、葬儀の場ではダメだということです。光沢は要チェックなのです。そうなると、光沢のあるブラックスーツとないブラックスーツを2着持っていないとマズイことになってしまいます。それでは、経済的に、管理の面でも大変になってしまうでしょう。だったら、1着はどちらかを持っていたとしても、もう1着はレンタルで済ます方が合理的ではないでしょうか。また、これから購入するのなら、結婚式と葬式、どちらにも着られるブラックスーツが欲しいということを売り場のスタッフに伝えると、そのような品質のブラックスーツをすすめてくれるでしょう。

 

黒いスーツを持っていないならレンタルスーツを

レンタルスーツをおすすめするわけ

人生のいつ、どこで、黒いスーツの出番が急に必要になるかはわからないでしょう。よくいう、あのブラックフォーマルです。親なら、子供の七五三、入学・卒業式、冠婚葬祭、成人式などの機会には必ず着なければならないでしょう。子供の立場でも、成長して社会人になれば冠婚葬祭に必要になることは目に見えています。ただ、若いうちは出番が少ないのも事実。冠婚葬祭など、あまりやってこない機会に着る服装を購入するとなると、経済的に困ってしまうこともありそうです。このような改まった機会に着る、黒いスーツであるブラックフォーマルは安くても数万円はしますから。そこでお知らせしたいのは、こういう時にこそ知っていると便利な、スーツをレンタルするというしくみです。ひと言で黒いスーツといっても種類もありますから、選びながら借りることが可能ですし、必要な日数分だけレンタルできて、返却の時にはクリーニングも必要なしで、さらには宅配で返却可能返すということも可能です。年に数回直用するかしないか程度なら十分ではないでしょうか。また、その他の利用方法として、購入前のお試しに利用する手もあります。このような生地で、どんな着心地かを確かめることができるのです。

 

レンタルスーツを借りない手はない

黒いスーツは自分で購入するものと思い込んでいないでしょうか。そうなると、レンタル?と思うかもしれませんが、利用してみると案外便利なものです。特に葬儀の機会は急にやってきますから、黒いスーツを持っていないとなると、途端に困ってしまいます。持っていたとしても、ついお手入れをしていなかったりするとすぐ着用できないこともあり、本当に困るでしょう。そのような事態になっても、ネットのレンタルならすぐ明日借りることができますし、店舗のレンタルでも在庫があればすぐ借りられますから、レンタルがあって良かったと思うはず。しかも、数千円からレンタル可能ですから、これを利用しない手はないでしょう。