by

スーツが安くなる理由

スーツが安いのには生地や縫製の違い

スーツは消耗品として着る覚悟が必要

「お洒落なんて二の次」「就活用だから費用をかけたくない」などという基準でスーツを選ぶ方もいるでしょう。そういう方には1万円以下で選べるスーツもあります。特に安いのは、スーパー系で展開している量販スーツで値段は8,800円。これなら就活生でも買えそうな値段で、一般の売り場スーツの1/2~1/3の価格でしょう。完全にスーツは消耗品として着るつもりで割り切り、すぐほころびたり、破けたり、縮んだり、シワになったりしても良いという覚悟が必要でしょう。

 

安いものには安いなりの理由がいくつもある

スーツの価格帯というのは、まさにピンキリです。随分と既製品で安いものが出てきましたが、ブランドによって安いもので1万円前後、高いものであれば10万円以上するものもあるでしょう。いったい本当にスーツの価格はどうなっているのでしょう。それは、安いものには安いなりの、高いものには高いなりの理由があるからです。安い価格帯のものは、縫製工賃が安く済む海外で生産されていますので、まず、それが安さの主な理由になっています。また、スーツの印象を決定してしまう「ラペル」や「肩幅」、「身頃」などのパーツごとの縫製は数パターンしかないために量産が可能になっているわけですから、体型に合わせて着こなさなければならないスーツとしての役割は、果たせなくなって当然なのです。生地は海外製でもアジア圏のものが多く、素材もポリエステルやウールが半々といったようなものが多くなり、テカテカ感やシワシワ感が見るからに出そうな縫製になっています。だんだん値段が上がるにつれて、生地は国産品、インポート品とグレードアップしていき、素材もウール100%になっていくことがほとんどになります。生地の糸自体が繊細になっていくために、既製品であったとしても着心地が全然違ってくるのです。さらに、オーダーメイドであれば自分だけのサイズですから、金額が5万円以上と高くなっても仕方ないということでしょう。

 

 

安いスーツはフィットしない理由

いろいろ試着しても今一つ合わない理由

安いスーツというと、量販店やスーパー系のスーツ売り場のスーツになるでしょうが、いろいろな売り場でいろいろなスーツを試着してみても、どうもフィットしたスーツが見つからない・・・、そんな経験はないでしょうか。確かに、肩幅が広い・狭い、手の長さが長い・短い、ウエストに合わせるとジャケットが合わないなど、何かしら不自由な部分が出てくるものです。既製品といえども、ブランドも様々ありますから、スーツのシルエットが違ったり、着心地が違ったりするのが当然で、試着をして合わなかったとしても、まだあなたに合った1着に出会っていない可能性もあります。しかし、コスト削減をしたスーツ、クオリティーの低いスーツとなっているがために合わなくなっているという理由の方が大きいのかもしれないのです。なぜ、良質なスーツが高めなのかというと、あなたにフィットする1着になるからという、シンプルな理由があり、生地において、サイズにおいて、安いスーツとは一線を画しているという違いがあるからです。

 

逆に、高いスーツがフィットするのはなぜか

安いスーツがフィットしないのはなぜかと考えるなら、逆に、高いスーツがフィットするのはなぜかを考えた方が正解に近づくでしょう。高いスーツは生地からして違います。糸を丁寧に織り上げた生地はどんな曲線にもフィットしますから、縫製前から違うのです。デザインはすなわちサイズとも関係しますが、「身幅」「着丈」「袖丈」などのサイズの細かい微調整が金額の高いスーツほどできますから、それぞれの体型に合わせる可能性が広がります。既製スーツでも金額が上がれば、より自分の体型に近いスーツが購入できることになるでしょう。ですから、オーダーで作れば、オンリーワンのスーツになるのです。手縫いの職人技が入りますから、それなりの金額は当然なのです。着れば着るほど型が崩れてしまう安いスーツに対して、高いスーツは、着れば着るほど体型にフィットしてくることになります。

 

安いスーツは買わないほうがいい?

自分がどう判断して購入するか

安くてもスーツはスーツですが、数千円台のスーツになると、縫製や生地は残念ながら良いとはいえないでしょう。人の価値観ですから、買わない方が良いとまでは言えませんが、とりあえずということで就活できるなら、言葉は悪いですが、まだ学生レベルということで良いかもしれません。ある程度の社会人になってくると、生地の良し悪しやシルエットの違いなどが見た目でもわかるようになります。その時、安いスーツというのは、いかにも・・・感が出ていますから、スーツではありますが、貧乏感が漂ってしまうのです。確かに、ビジネスマンにとってスーツの着用は毎日のものですから、消耗品といえば消耗品なのですが、身だしなみという観点からすると、ただ着ていれば良いというものなのかというと、違うでしょう。生地や仕立ての雑さは出てしまうのです。特に、取引先と常に接している営業マンなどは、いくらビジネスマナーがしっかりとしていても、スーツが貧相では、「あのセンスのない営業マン」ということを陰でいわれているかもしれません。それほど、スーツから受ける印象というのは、とても大事なことになります。良いスーツを着れば、着ている自分の心構えも変わってくることは間違いないでしょう。ですから、良いスーツを着ることはとても重要で、それは値段に比例しているものだということはいえるのです。後は、自分がどう判断して購入するかでしょう。

 

安いスーツを一度購入して着てみればわかる

安いスーツとオーダースーツと並べると、遠目で見て明らかに質感やシルエットの違いがわかります。残念ながら、やはり、安かろう、悪かろうということになってしまうのです。スーツは品格です。本来、着ていれば良いなどという価値観で着るものではなかったはずですが、価格破壊が起きてから、品質は大いにダウンしています。安いスーツにはそれなりの理由があっての仕上がり。とにかく、安いスーツを一度購入して着てみれば、その違いは一目瞭然なのです。

 

 

スーツは自分に合ったいいものが良い

1年に1回は、スーツ選びを意識したい

新入社員の若いうちは、スーツのサイズ感が合っていなくても大目に見られるかもしれませんが、社会人として何年も経てば、「だらしなさ」として評価されてしまうことになります。ヨレヨレ、シワシワになったスーツで年中いることは、自分にとってマイナスにしかないのです。だから、スーツ選びは大切です。どんなスーツが自分には合っているのかをサイズ感や色シルエットを含めて、1年に1回はチェックしていないと、体型も変わってくるでしょうから、合わないスーツのまま着ている可能性もあるでしょう。オーダースーツにしてみればなお良いのですが、そこまでは費用的にちょっとというなら、既製品でも良いものはあります。フィッティングを繰り返して、店員さんと一緒に自分に合ったものを選んでみてください。人の第一印象は見た目で9割を判断されるといわれますから、きちんとしたスーツを着こなすことで、第一印象は格段に変わるのです。1年に1回でも自分のスーツ選びを意識することによって、 ビジネスへの取り組み方も違ってくるでしょう。自分に合わないスーツ選びは、自分の品位を落とすだけなのです。

 

スーツのサイズ選びで気をつけたい注意点6つ

自分に合ったスーツのサイズ選びで注意したいことは6点。後ろ襟、後ろ襟から背中のシワ、袖丈、着丈、胸周り、パンツのシワの部分になりますので、それぞれポイントを見ていきます。後ろ襟は、シャツの後ろ襟がジャケットから1~2cm見えることが正解です後ろ襟から背中のシワは、シワが出るようなら、サイズが小さいことになります。袖丈は、腕を真っ直ぐにして、シャツの袖が1~1.5cm出ていれば正解で、出ていなければサイズを変えるか、丈詰めをしましょう。着丈は、ヒップが見えるか見えないかのギリギリラインが正解です。胸周りは、ジャケットのボタンをはめて、握りこぶしが一つ入るすき間があれば正解です。パンツのシワは、できないように、裾上げの際に長さを測ってもらいましょう。